更新:2015年8月7日
     <<運営方針>>
本事業は、認知症によって自立した生活が困難になった利用者に対して、家庭的な環境の下で、食事、入浴、排泄等の日常生活の介護及び日常生活の中での心身等の機能訓練及び作業療法を行うことにより、安心と尊厳のある生活を、利用者がその有する能力に応じ可能な限り自立して営むことが出来るよう支援することを目的とする。
閉鎖的ではなく開放的に環境、家庭的な雰囲気、季節感を大事にし・寄り添い中心した介護、介助を行い、ターミナルまでできる限りの対応を行う。
  外部の人間の出入りを積極的に行う。家族を中心に、ボランティア、研修生の受け入れを積極的に行い、開放的な環境をつくり、スタッフは質の向上を意識する。
  職員の多くが地域の主婦で構成し、地域性、家庭の雰囲気を、メリットと意識し運営。
  主治医、看護師、家族と常に連携相談を行い、できる限りターミナルを意識し運営。

所在地地図はこちら(作成中)


   さくらそう通信はこちら
   2015年6月





<<施設の概要>>
事業所名称グループホームさくらそう
所在地横浜市港南港南台1−10−8
管理者 田中 市郎
電話045−830−5277
事業内容(認知症対応型共同生活介護)
事業者番号:1493100067
介護保険地域密着型事業として横浜市より認可を受けている。
営業時間24時間 365日 年中無休
利用料金 厚生労働大臣が定める基準によるものとする。
家賃等(1ヶ月) 家賃:70,000円〜83,000円 食材費:
36,000円 光熱費:17,000円 共益費:15,000円
※ その他、外出などのヘルパー付き添い、オムツ等は都度実費がかかります。
※ 入居者の希望で定期往診(月2回:第2と第4土曜日)約6,000円
※ 入居時:入居金256,000円〜
事業者:社会福祉法人 地域サポート虹

研修計画
実施月研修内容(予定)
4月 緊急時の対応(消防、救急)
5月 倫理および法令遵守、プライバシー保護
6月 認知症介護とは、パーソンセンタードケア
7月 ノロウィルス(感染症)
8月 認知症介護とは、レビー小体型認知症
9月 ターミナルケア
10月 緊急時の対応(消防、救急)
11月 リスク管理
12月 身体拘束
1月 個人情報保護
2月 嚥下障害、その対応
3月 高齢者虐待

                              ※個人情報の取扱:「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取扱いのためのガイドライン(厚生労働省)」に従い、個人情報を適切に取得し、利用、提供を行うとともに、個人情報の開示や訂正等の対応を適切に行います。