更新:2015年5月13日
こちら 小規模多機能型居宅介護 『くるみ』 です

      利用者が住み慣れた地域での生活を継続できるよう、地域住民との交流や地域活動への参加を図りつつ、利用者の心身の状況、希望およびその置かれている環境を踏まえて、通いサービス、訪問サービス、及び宿泊サービスを柔軟に組み合わせることにより、妥当適切に行う。
事業者は、利用者一人ひとりの人格を尊重し、利用者がそれぞれの役割を持って家庭的な環境の下で日常生活を送ることができるよう配慮して行う。

  外部の人間の出入りを積極的に行う。地域ボランティアの受け入れを積極的に行い、開放的な環境をつくり、スタッフは質の向上を意識する。
  職員の多くが地域住民で構成され、地域性や家庭的な温かい雰囲気で運営していく。
  地域団体(自治会、小学校など)との連携をはかり、行事への参加や地域住民の来訪を積極的にすすめていく。防災活動についての連携を強化していく。
  主治医、看護師、家族と常に連携・相談を行い、在宅で生活できる限り支援していく。
週に2回のコスモスさんのお弁当をご紹介
          メニューはこちら




<<施設の概要>>
施設名称小規模多機能型居宅介護 くるみ
所在地横浜市栄区本郷台4−28−12
管理者後藤 由紀子
電話045−893−7517
サービス提供地域横浜市栄区の全域、港南区の一部、
戸塚区の一部
サービス内容 (1)通いサービス(送迎、食事) 定員12名
(2)訪問サービス
(3)宿泊サービス 定員4名
営業時間毎週月曜日〜日曜日
午前9時〜午後5時
通いサービス 原則9:00〜17:00
訪問サービス 原則9:00〜17:00
(緊急時24時間対応可能)
宿泊サービス 17:00〜翌日9:00
事業者:社会福祉法人 地域サポート虹

研修計画
実施月研修内容(予定)
4月 倫理および法令遵守、プライバシー保護
5月 リハビリ体操、転倒予防 〜理学療法士より〜
6月 食事介助、お年寄りのための調理、水分補給
7月 排泄介助、入浴介助
8月 認知症介護とは パーソンセンタードケア
9月 サービスの質の向上、自己評価とは
10月 緊急時の対応(消防、救急)、前期避難訓練の振り返り
11月 感染症予防(ノロウィルス、インフルエンザ等)
12月 リスク管理
1月 個人情報保護
2月 嚥下障害とその対応
3月 高齢者虐待 身体拘束
※個人情報の取扱:「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取扱いのためのガイドライン(厚生労働省)」に従い、個人情報を適切に取得し、利用、提供を行うとともに、個人情報の開示や訂正等の対応を適切に行います。